足から考える健康

足アーチ

左の図のように、正常な足は、「横アーチ」「内側アーチ」「外側アーチ」があることで重心が真中にきます。
この3つのアーチが身体を支える重要な役割を担っているのです。

しかしこのような理想的な足を持つ方は、ほぼ皆無であり、3つのアーチを崩した足が大半を占めています。

この原因は、「間違えた歩き方」「足の変形」にあるのです。

足の変形

「間違えた歩き方」を続けていくと、「3つのアーチ」の真中に重心が乗らず、片寄った足の裏の箇所に重心が移り「足の変形」が起こります。

また、間違ったサイズの靴、ハイヒールを長時間履いたり、履き方を間違っていると、「足の変形」はますます進行していくのです。

間違えた歩き方

人は、何気に移動するために歩いていますが、正しい歩き方を意識して歩いていません。

そして、間違えた歩き方を続けていくと、足の筋肉は片寄った方向へ発達してしまいます。

ふくらはぎの筋肉が左右均等に付くべきものが、片方に発達することにより、足首から歪みが始まり、体はバランスをとるために、膝、股関節の関節が歪み始めます。

そうすると体全体の歪みが起こり、関節に大きな問題が起こる原因となるのです。

3つのアーチが崩れることで、関節の歪みが起こり、体のバランスの崩れへとつながります。

「間違えた歩き方」「足の変形」から起きるさまざまな症状

骨格の歪み

巻き爪

3つのアーチの中心に重心が乗らないと、体の重心バランスをとろうと各関節が歪み、「体全体の歪み」となるわけです。

体の大切な器官(内臓)を守る骨格が歪むことで、内臓機能の低下や自律神経のバランスを崩したり、さまざまな疾患の原因になることもあるのです。

うつ、消化不良、不眠、がく関節症

「うつ」「消化不良」「不眠」「顎関節症」…など、原因不明の体調不良でお悩みの肩は、もしかしたら骨格に問題があるのかもしれません。